夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型飛行機教室用ライトプレーンキット

前回の模型飛行機教室で使用したヨシダ株式会社製の「ソフトプレーン(低学年用)」がたいへん優れた教材機でありましたので、ご紹介いたします。

奈良公園001

キットの内容は至ってシンプル。

組み立て済みのプラメタルとプロペラのセットに胴体のスティツクと動力ゴム。さらにこちらも組み立て済みの脚セットと上半角セット用のアルミ板。
そして翼を切り出すための1.2mm厚のスチレンペーパーが2枚。
もちろん組み立て説明書と型紙もセットされています。

ソフトプレーン部品

本来なら細かな部品の組み立ても子供たちにやってもらう方がいいのかもしれませんが、何しろ小学生以下の小さな子供も参加する事が多い教室では、細いピアノ線を扱う組み立てで目や指を突いたりしないかと気を使う事も多く、このあたりが組み立て済みになっているという安心感は嬉しいものです。

キットの制作上のいちばんのポイントになるのが翼の切り出しです。

セットに添えられている図面で最初は作って充分にいい結果がでたのですが、説明書の限られたスペースに2種類の図面を掲載する関係上、尾翼の図が主翼の中に納まっていて、そのまま型紙として使用するのが少し難しそうでした。
またどちらの翼の形で作っても、もう少しの所で一枚のシートに主尾翼が納まらず、どうしても2枚のシートが必要になるところが惜しい。(ただの貧乏性なのですが、一枚で一回分の翼が取れれば家に帰ってからもう一回翼を作り直すことができるのになあ、と思ってしまったもので‥)

そこでこんな型紙を作ってみました。

ソフトプレーン型紙

図面をクリックすると拡大します。
プリントがうまく縮小されなかった方は下の図をご使用ください。

ソフトプレーン型紙縮小

主翼の面積はヨシダ製の図面とほぼ同じ面積です。
尾翼は残ったシートでさらに大きな主翼を作った時にも対応できるよう、少し大きめに設定してあります。
また少し前気味になる重心に合わせて、主翼は前縁直線、後縁前進角として、室内飛行でのスピードを少しでも抑えられればと考えました。

大人なら5分ほど、子供でも15分ぐらいで出来上がります。

色付けは屋外で。

でも公園に行く途中で買ったポスターカラー系のマーカーは、ガラスやプラスティックにも書けるとありましたが、スチレンペーパーにはうまく乗りませんでした。

奈良公園0001

でもマーカーを買ったのと同じ百円ショップで買ったA4サイズのファイル入れは気に入りました。これからしばらくはここに入る飛行機を作って行こうと思います。

奈良公園000

テスト飛行の場所は奈良公園の端のいつもひと気のない広場。

奈良公園003

広々として気持ちのいい場所なのに、なぜ誰も居ないのか‥‥
それはここで遊ぼうとした人になら、すぐに解ります。

奈良公園004

フンです。

秋だというのに青々と茂った芝生の根元には土も見えなくなるほどに、びっしりと鹿のフンが落ちています。

もしここで転んだりすれば、かなり切ない。

奈良公園013

それでも飛行機は快調な飛び。

奈良公園005

尾翼の後端をほんの少し上に折り上げ、メタルを右にひねっただけの調整で、実に安定して毎回10秒ほどの飛行をこなしてくれます。

奈良公園006

到達高度は5mぐらいでしょうか。

奈良公園007

10秒と言うと物足りなく感じられるかも知れませんが、小さなライトプレーンがそれぐらい飛ぶと、とっても良く飛んだなという気持ちになります。

奈良公園008

もちろんゴムをFAIなど本格的なものに換えれば、30秒ぐらいの飛行をこなすのも可能な魅力的なキット。

子供模型飛行機教室の教材機としてこれからも使って行きたいと思いました。



で、その後はお目当ての鹿の角切の見学。

奈良公園009

思っていた以上に勇壮です。

奈良公園010

久しぶりに奈良公園を歩いてみて、園内の其処此処に隠れるように沢山ある、小さな溝や池に注意を促す立て札や柵の類が、相変わらず一つもないことに感心しました。

奈良公園012

溝に落ちて足をくじいたり、池に落ちる人も少なくはないだろうに、ここでは今もって行動の全てが大人の自己責任なのです。
立派な野生動物である鹿との付き合いもしかり。

奈良公園011

うーん、奈良はやっぱり大人だな‥‥と、

鹿フンにまみれた子供用飛行機を下げた男は思ったのでありました。

スポンサーサイト

NHK和歌山放送局「親子の広場」模型飛行機教室

2007年10月20日NHK和歌山放送局のイベント「親子の広場」にて、大和川小さな飛行機の会有志による「子供模型飛行機教室」が開催されました。

和歌山教室002

場所は和歌山県和歌山市、和歌の浦にあるアートキューブという多目的施設。
会場の前には大きなキャラクターのバルーンが置かれていました。

和歌山教室000

正面には名勝地「和歌の浦」が広がり、本当にきれいなロケーションです。

和歌山教室003

到着して最初に見せていただいたのが、当日子供たちが飛行機を飛ばすための会場。
一片が10mほどのフロアです。
広くはないと最初からお話では伺っていたのですが、どうもダンススタジオとしての利用がメインの部屋のようで、大きく更衣室の張り出しがあり、さらに天井からは照明用のライトがぶら下がっていて実質使用できる天井高は2mほどです。

和歌山教室004

どうしようかと皆で頭をひねりながら持参した当日用のライトプレーンを飛ばすうち、何となく突破口が見えてきました。

和歌山教室005

今回の教材機はヨシダ株式会社製の「ソフトプレーン」低学年用。
内容は至ってシンプルながら、主翼は自分で好みの形に切り出すという工作の魅力も残したいい構成です。
事前に制作してテストをしてみた結果、簡単な調整だけでちょうど10秒ほどの飛行がコンスタントに行える高性能機であることがわかりました。

和歌山教室006

今回は時間の関係もあって、小さな子供にも切り出しやすいようこちらでオリジナルな型紙を作りましたが、もちろんキットの型紙で作った機体もとてもよく飛びました。
(このキットと型紙についての詳しい記事は近日中にまとめます)

和歌山教室007

やがて教室開催時間になって子供たちが集まってくれました。

和歌山教室008

教室のいちばん最初は「君たちこんなのを作るんだよ」とデモ飛行です。
飛行機が工作用の教室の端から端まで飛ぶと、こちらがびっくりしてしまうほどの、どよめきが起こりました。

和歌山教室009

やがて工作開始。
最初は落ちついた感じですが‥‥

和歌山教室010

作業の早い子、丁寧な子。大きい子、小さい子が一緒なので、工作が佳境に入るとスタッフは全員おおわらわになります。

和歌山教室013

今回の教室の講師としての参加者は、秋田さん、村上さん、桑原さん、田村さん、湯川さん、そして僕と奥さんの7名。

和歌山教室015.1

和歌山教室012

和歌山教室011

和歌山教室014

和歌山教室015

やがて機体が組みあがると恒例のカラーリング大会。

和歌山教室0161

色を付ける事が好きな子、本当はあまり色なんか付けたくない子、そこからしてみんな個性が違います。

和歌山教室017

それにしてもカラーリングはいつも盛り上がります。

和歌山教室016.2

出来上がった飛行機をみんなに撮らせてもらいました。

和歌山教室019

和歌山教室020

和歌山教室021

和歌山教室022

和歌山教室023

和歌山教室024

何だかそれぞれの子供の雰囲気と塗りあがった飛行機の雰囲気が似ているような‥

和歌山教室025

和歌山教室026

和歌山教室027

和歌山教室028

和歌山教室029

和歌山教室030

和歌山教室031

ありゃ、主翼がさかさまだ。
でも大丈夫。
飛ばす前にはちゃんと直しました。

和歌山教室032

和歌山教室033

ナナミちゃんも一緒に。

和歌山教室034

うーん、ハイセンス。

和歌山教室035

撮影していてくれた奥さんの話では、この子はピンクと黄色が混じってしまって泣きそうになっていたんだそうです。
安くてもっといいマーカーないかなあ。

和歌山教室036

そしていよいよ飛ばし方教室。
ゴムの巻き方から教えますが、全員に話しかけようとしてても、なかなかみんな聞いてくれません。

和歌山教室037

そこで個別に手分けして教える事にしました。

和歌山教室038

会場の天井には大きな角型のダクトがあったりで、少しでも飛行機がとびすぎると何処かに引っかかってしまいます。そこで地上からの滑走離陸での飛ばし方を教える事にしました。

和歌山教室039

和歌山教室041

そのうち独特のスタイルを身に付ける子供がいたりして。

和歌山教室040

発信もこのスタイル。

和歌山教室042

何度目かに見事に離陸成功!

和歌山教室043

午前の部と午後の部の合間の時間、持参した室内機を飛ばしてみました。

和歌山教室044

これはミニュームのメカを利用して、教材機の翼の部材で作ったデモ機のつもりでしたが、この日が初飛行。
何とか飛ばせましたが、色々トラブルが出て充分な性能が発揮できず、デモは出来ませんでした。

和歌山教室045

(この飛行機についての記事も近日まとめます)

和歌山教室048

和歌山教室0046

和歌山教室047

湯川さんはエアロソアラを飛行させました。

和歌山教室050

和歌山教室049

この広さはエアロソアラを飛ばすには、まさにぴったりの感じでした。

和歌山教室052

狭いリビングとは違う本当の飛行機の飛びです。

和歌山教室051

エアロウイングスも試しましたがこちらは流石に厳しい。

教室053

空飛ぶカーレスリングみたいになってしまいましたが、見ていた子供たちにはずいぶん受けていました。

和歌山教室053

そして午後の部にも30人の子供たち。

和歌山教室055

(写真はこの記事の最初のほうで午前の部といっしょに紹介してあります)

和歌山教室056

和歌山教室057

和歌山教室058

午後の飛ばし方教室は講師陣もかなり会場にも慣れて、子供の飛ばしたゴム動力機が、何と会場を一周して手元に着陸するという大快挙まで達成してしまいました!

パチパチパチッ!!

和歌山教室062

またまた本当に楽しい一日でした。

教室100

皆様、ほんとうにお疲れ様でした。




海上自衛隊阪神基地07年「子供模型飛行機教室」

2007年7月21日海上自衛隊阪神基地のイベント「ちびっこヤング大会」にて、本年度最初の「子供模型飛行機教室」が開催されました。

20070801162210.jpg

当日は前日までの予報から天候が心配されましたが、幸い雨が降ることはなく、当日は巡洋艦クラスの大型護衛艦の展示も行われ、終日多くの家族連れで賑わいました。

20070801162223.jpg

「模型飛行機教室」も今回はゴム動力機150機、グライダー50機の大量の機数を準備したのですが、何とそれでも足りないというたいへんな人気となりました。

20070801162157.jpg

準備した教室の教材機はユニオンモデル社の「ユニオン工作ヒコーキシリーズ・UP-01(グライダー)」と「ユニオン工作ヒコーキシリーズ・UP-02(ライトプレーン)」の2種。それをNGOでの使用と言う事で得別価格で購入する事ができました。

20070801164224.jpg

機体の製作を説明書通り付属のテープで行うと、主翼の付け根の強度が不足するため、教室では強力型の両面テープを用意して、組み立てを行いました。
機体の組み立ての難易度、多少の組み立て不良があっても少しの調整で一定の性能を発揮してくれるなど、教材としては満足の行くものだったと思います。

20070801164254.jpg

教室は10時のスタートとともに大盛況。

20070801163858.jpg

まさかの参加者の多さに、製作の指導はおおわらわとなりました。

20070801163845.jpg

20070801163910.jpg

今回「大和川小さな飛行機の会」からの参加協力者は8人だったのですが、一気に50人もの参加者が殺到するなどという事態を想定していませんでしたので、充分な対応ができなくなってしまいました。

20070801163925.jpg

20070801163940.jpg

20070801163950.jpg

それでも皆が強力仕合ながら、一瞬の休憩もなく組み立て説明、組み立て補助を行って、子供達の飛行機を完成させて行きました。

20070801164005.jpg

機体の出来上がった子供達は別の机で思い思いのカラーリングをして行きます。

20070801164039.jpg

去年も少し感じていた事だったのですが、今年あらためて子供達の様子を見て確信した事があります。

20070801170211.jpg

昔、我々が子供の頃には、誰かが上手に絵を書いたり色を塗ったりすると、それを真似る子供が少なくなかったような気がします。ところが今の子供達にはそんな感覚はまったく無くて、誰もが自分の思う通り、実に自由に色付けを行って行くのです。

20070801171659.jpg

026.jpg

何だかそこに「現代」と言うもののリアリティーを感じました。

20070801170232.jpg

完成した飛行機はどれも、本当に楽しくなりました。

20070801170330.jpg

20070801171336.jpg

20070801171357.jpg

20070801171420.jpg

20070801171446.jpg

20070801171801.jpg

20070801171822.jpg

20070801171839.jpg

20070801171859.jpg

20070801172016.jpg

20070801172036.jpg

20070801172055.jpg

20070801171929.jpg

20070801171947.jpg

20070801172127.jpg

20070801172144.jpg

今回の教室で僕が是非とも力を入れたいと思っていたのは、「飛行調整」と「飛行テクニック」を学んでもらう事でした。

20070801172204.jpg

しかし今回は参加者のあまりの人数の多さのため、組み立てのみに忙殺され、ほとんどそちらに時間を割く事が出来ませんでした。

20070801172551.jpg

20070801173044.jpg

20070801173108.jpg

結局ご父兄の方や隊のスタッフの方が子供達への指導に臨まざるを得なくなり、果たして満足な飛行がどれぐらい出来たかと思うと胸が痛みます。

20070801173252.jpg

20070801173328.jpg

そんな中で寸暇を見つけて指導を行ったのは、ライトプレーンの地上滑走による離陸飛行です。
子供にとって、ゴムを巻いたライトプレーンを両手で支えて、それを上手い具合に投げ出すというのは非常にハードルの高い、難しい作業です。

20070801173549.jpg

それに比べると飛行時間は二三秒と短くなりますが離陸飛行は指導がカンタンです。
しかも自分の手でゴムを巻いた飛行機が自力で飛び立って行く様は子供達に特別の感銘を与えてくれるようで、飛ばないとべそをかいていた子供の顔が、飛行機が地上を離れた瞬間ぱっと輝きます。

20070801174451.jpg

これこそが「模型飛行機教室」最高の華なのだと思いました。

本当に今回の教室は忙しくて、折角参加した我々の会のスタッフが、この華の瞬間にほとんど出会えずに教室を終えなければならなかったのが、本当に無念で、これが今回の反省点であると痛感しました。

20070801174514.jpg

子供達の姿が少し少なくなった所で、恒例の室内RC機の展示飛行を行いました。

20070801174926.jpg

湯川さんのEPPインドア機ピッツは小さめのサイズ、やや重めの重量にも関わらず、低速特性の優れた機体で、可愛らしく場内を飛び回っていました。

20070801174722.jpg

20070801174751.jpg

練習の段階では体育館の狭さにやや戸惑った様子の湯川さんでしたが、本番の展示飛行は見事なセーフティーフライトを披露されました。

20070801174805.jpg

着陸もばっちり。

20070801174857.jpg

ミニュウムは超小型室内機の名に恥じない堂々の飛行性能。

20070801174818.jpg

なにしろ教材機のライトプレーンより軽くて小さくて低速なので、危険性はほとんどないと言っても過言ではありません。

20070801174831.jpg

室内での低速飛行の場合、エレベータースティクをフルアップにまで引いたままでの安定飛行が可能で、人間が速足で追いかければ十分に追いつける速度で飛行可能でした。
その低速を行かして地上50cm以下の超低空連続飛行(ラジコンカーを走らせている感覚)やちょっと高空に上げてダイブをしての地上1mでの宙返りなど、結構子供達にも人気でした。

20070801174912.jpg

でも本当に人気があったのは、田村さんの超軽量のデュプロン製室内ファンフライ機。
大きなプロペラを扇風機のような速度で回しながら、ひらりひらりと重力が無いかのような飛行に子供達の目は釘付けになっていました。

20070801174843.jpg

今回の教室も皆様のお陰で事故もなく無事終了いたしました。
関係者の皆様、ほんとうにお疲れさまでした。

20070801181222.jpg

20070801181319.jpg

どうかまたの機会も皆様よろしくお願いいたします。

子供模型飛行機教室06.08.14-2

飛ばし方の練習と簡単な競技会は大阪歴史博物館とNHKの間の半球型アトリュウムで行われました。

20060818092101.jpg

20060818092121.jpg

20060818092147.jpg

最初は上手に飛ばせなかった子も少し基本的な投げ方を教えるだけで、どんどん飛ばせるようになります。

20060818092212.jpg

20060818092408.jpg

身体を動かせる遊びはやっぱり楽しいです。

20060818092532.jpg

20060818092548.jpg

20060818092608.jpg

そして競技会。
午前午後ともに、年少組、年長組に別けた二組のトーナメントを作り、基本的には一対一の3回勝負(取り組みにより3人勝負もあり)勝ち上がり。一人ひとりに審判が付き、笛による同時投げで、どちらの滞空時間が長かったかを審判長が判定します。

20060818093232.jpg

トーナメント表は6人用、8人用、10人用、12人用の4種類用意しましたが、4ゲームですべての組み合わせが使用されることになりました。
お遊び競技とはいえ、子供達は真剣勝負です。

20060818093707.jpg

20060818093814.jpg

20060818093831.jpg

高学年の決勝戦ともなると早くも手投げグライダーのコツをつかんだ子供達もいて、白熱した対戦となりました。

20060818093725.jpg

20060818093754.jpg

20060818093903.jpg

20060818093849.jpg

競技の終了とともにデモ飛行の始まりです。
今回の室内RC機のデモ飛行に関しては、NHKの御担当の方々にはたいへんなお世話をおかけいたしました事、あらためてお礼とお詫びを申し上げます。

私達の飛行機をご覧頂きお話をさせて頂いた上で、デモ飛行を行い子供達にそれを見てもらうという話は、NHK広報御担当の方との間ですぐに固まったのですが、アトリュウムを管理するセキュリティー部門より許可を得るために、大変な御尽力を頂く事となりました。
そして事前に実際の飛行を関係の皆様にご覧頂いた結果、今回は特別に飛行の許可を頂く事が出来たのです。

ですからこの記事をご覧になっても、当アトリウムで自由に室内機が飛行できるとの誤解はなさいませんようお願いいたします。

20060818094616.jpg

しかしながら、一般の方々の往来のある空間でセキュリティーに関する厳しい吟味の元、今回の飛行が許可されたという事実は、RC模型飛行機の可能性を大きく前進させる快挙に違いありません。

トップの飛行は黒岩さんの室内旅客機です。

20060818100652.jpg

20060818100834.jpg

20060818100903.jpg

飛行調整も進み安定した飛行です。

20060818101004.jpg

20060818101033.jpg

20060818101059.jpg

はじめて目にする室内機の飛行に観衆の目は釘付けでした。

20060818101131.jpg

20060818101246.jpg

20060818101339.jpg

20060818101509.jpg

続いては田村さんの戦闘機型の飛行。

20060818101317.jpg

20060818101638.jpg

20060818101700.jpg

20060818101720.jpg

完全に人払いされた狭い空域内でのトリッキーな飛行は迫力がありました。

20060818104002.jpg

20060818102019.jpg

20060818101951.jpg

最後は黒岩さんのハンドキャッチが決まって大成功。

20060818101829.jpg

そして僕のマンタ型。

20060818102205.jpg

20060818102232.jpg

手投げした機体はどんどん高度を上げます。
今回は少し室内飛行上の演出を考えていたからです。

20060818102431.jpg

いったん高度を稼いだら、後は最低速度を保ちながら天井すれすれを遊弋させます。

20060818102701.jpg

あまり模型飛行機を見たことのない人達は飛行機が遠くにある時ほど、面白みを感じているように思います。そこでなるべく高く飛ばして飛行機にシンパシーを集めようという作戦です。

20060818103118.jpg

そしてその飛行機を自分の近くに引き寄せてみたいという欲求を待って、やや低い高度に飛行機を降ろす。

20060818103256.jpg

成功したかどうかは判りませんが、これまでの展示飛行の中ではいちばん受けは良かったように思います。やはり展示飛行に一番大切なのは驚きではなく、安心感だと思いました。
最後はセルフのハンドキャッチ。
これまで色んな場所で6回の展示飛行をしましたが、本番はすべてキャッチに成功。
よし記録を伸ばすぞとほくそ笑んでいます。

20060818103430.jpg

秋田さんはその間、バルーン飛行機で子供達とフライングキャッチボール。
スポーツライクに遊べる飛行機として、子供達に大人気でした。

20060818103835.jpg

20060818104028.jpg

20060818104530.jpg

でも他の出し物と重なってちゃんと写真がありません。
次からはちゃんと時間の割り振りをして、ウイップや面白フリー機のコーナーを作らなければいけませんね。
同じく、ゴム動力Uコン機を飛ばすときにもすでに観客の姿はありませんでした。
ワインダーで200回ほど巻いてセット。

20060818104711.jpg

湯川さんに投げてもらうと、おお、FAIゴムだとさすがに飛びが違います。

20060818104851.jpg

そんなに速くないのに飛行機はちっともまともに写りません。

20060818105008.jpg

着陸してようやく飛行機の姿が見えました。
3mラインで飛行は3周半。新記録です。

20060818105154.jpg

この後どうしても飛ばしたいという少年に飛行をさせてみたのですが、飛行機が飛ぶより速く自分がぐるぐる回って大変な状況になってしまいました。

昼食はNHKの職員食堂で頂きました。

20060818105414.jpg

大阪城を眼下に大阪平野が一望できる素晴らしい眺めの食堂です。

20060818105624.jpg

優秀な結果の子供達への賞品授与の後、広報の方は今回のイベントに関するアンケートを取っていらっしゃいました。

20060818113014.jpg

20060818105755.jpg

御好意によりそれを見せて頂く事ができました。

20060818105957.jpg

20060818110017.jpg

20060818110042.jpg

中には、飛ばすのが難しいので飛ばし方を工夫してほしいという意見があったりして、今後の活動を考える上での参考にして行きたいと思いました。

みなさま、本当にお疲れさまでした。

20060818110427.jpg

お世話になった皆様に心よりのお礼を申し上げます。

 | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。