夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしまいとはじまり。

■はじめに■


ブログに一旦区切りを付けるにあたって果たして何を書いて何を書かずに置くか長い間考え込んでいました。

実は終了の文章は何度も何度も書き直していました。

ですが、さて掲載しようとしばらく経って読み返すと、自分の我侭さばかりが前面に出て、何かしらを人の所為にするようで、お世話になった皆様に伝えるべき心根の欠けらも込められていないそんな文章になってしまっていました。

そこでまず伝えるべきは、何をさて置いても感謝の気持ちなのだと思いました。

まずこのブログを始めるにあたって数々のご協力を下さったSekiaiさんRIMさん本当にありがとうございました。そしてブログを続ける中で数々の助言と応援、そして励ましを下さった、としちゃん、momoさん、野末さん、室見川さん、シゲちゃん、ないと~さん、Terryさん、京助さん、祐ちゃん、DENYさん、まるいわさん、大澤さん、okojoさん、RENAZY さん、ふうすけさん、JJさん、しゅんすけさん、つばささん、ういろうさん、Peewee さん、knjiss さん、Ys さん、古崎さん、pon さん、Oruさん、むーさん、kobara さん、mura_mike さん、吉川さん、為則さん、hbr06さん、Singha さん、そして僕が不在がちになってからも沢山のコメントを下さった皆様本当にありがとうございました。

あたたかいコメントをお寄せいただいたばかりではなく、遠路はるばるご来阪くださり一緒に大和川の空と水辺に遊んでくださった、加藤さん、豊田の林さん、八歳さん本当に楽しい時間をありがとうございました。
またこちらから押しかけたというのに、格段のご厚情を頂戴いたしましたMORIDELさん、そしてクラブの皆様方、富士では釘宮さんの夢のような工房に宿泊させていただき、模型作りの真髄を教えていただきました。

そして何よりも感謝の気持ちを伝えずに居られないのは、大和川で毎週のようにともに空を駆けた、小さな飛行機の会の仲間。
勝手なブログの立ち上げにも快く写真の掲載と実名での紹介をお許し頂き、数多のご協力と激励を頂きながら、この二年間あまりの模型生活を質量ともに充実したものとすることができました。

今回感謝とともに心よりの謝罪を申し上げなければならない方がいらっしゃいます。

それは湯川さんです。
クラブの会報的な役割が高まっていたブログの継続をお願いしたのですが、僕自身の不定見と熱意の無さで、気苦労ばかりの多いピンチヒッターをして頂くことになってしまい、大変な思いをさせてしまいました。
本当にもうしわけございませんでした。

そしてこの数ヶ月のうちにコメントを頂いた皆様にも満足な返信も差し上げなかったこと、心よりお詫び申し上げます。

今後このブログをどうして行くかにつきましては、後に申し上げますが、先ずは現状の説明と僕自身の考えをあらためてご説明申し上げたいと思います。



■このままこのブログを続けてゆくことが出来ないと思い至ったわけ■



僕の記事の書き方の所為で一部の方には「僕が精神面での闘病に陥っている」との、要らぬご心配をおかけしてしまっているようなのですが、メタボ三重奏の肉体面はともかく、精神的には極めて健康な状態であることを先ずは申し上げておきたいと思っています。
ならば何ゆえ自分のブログに長期間にわたってコミットメントを避けているのかという問題ですが、これはもう、偏に生まれ持っての性分としか言いようの無い状態なのです。

僕の本質の部分に極端な「集中」と「無関心」があります。

これまで仕事の面においてもこの集中力というものはかなり有効だったようで、広告製作会社でのフォトグラファー、コピーライター、デザイン、などの仕事をそれぞれ比較的短い時間でこなせるようになってきました。
しかし問題は不慣れな仕事に集中してプロのレベルに引き上げてからの、その先にありました。
一旦仕事がそれなりにこなせるようになると、前回の仕事より容易に出来そうな仕事には、どうにもこうにも関心がなくなるのです。
もちろん仕事ですから興味が持てないからといってやらないわけではありません。
しかしなかなか手をつける気が起こらずに、締め切りいっぱいになるまで放っておくことになります。
そして今「この瞬間に手をつけなければ締め切りに間に合わない」というところからスタートし、脳内アドレナリンの力で全速力で仕事を済ましてしまうのです。
すると仕事上がりでドパーミンがじわわっと出て、えもいわれぬ爽快感が‥‥

と、これはどうでもいい話のようなのですが、僕とブログの関係にも当てはまる事ですので、すみません、もう少しだけ。

以前店を立ち上げた時に一度HPは作ったもののただの一度も更新せず、このブログが僕にとって最初の本格的なネットでの発信でした。

スタートしてみるとこれが面白い。
そしてどんどん欲が出てきました。

写真はもっといいものを沢山入れたいなとか、記事もシリーズ化することで発展的で楽しいものにして行こうとか、もっとライブな構成にするにはどうすればいいかなど、考えれば考えるほど楽しくなる。

そしてさらに考えを進めて、少し未来的な模型飛行機のあり方を考察してゆこうとか‥‥

そのために何と言っても重要になるだろうと思ったのが、飛行場所の環境整備でした。
ゆっくり、小さな事からですが国土交通省の大和川河川事務所にも働きかけをはじめて、問題点をひとつひとつ解消してゆこうと行動をはじめました。
そして一年半。
状況は僕が夢想したよい方向にどんどん進んでいるように思えました。

途中、ゴルフ、ラジコン禁止の大きな立て看板が立てられましたが、これさえ自分たちのグループにとっては追い風に感じました。
実はその看板が立つまで、我々が電動機を飛ばしているのと同じ場所で、午後からは40クラス以上の大型のエンジン機やエンジンヘリを飛ばすグループが居たのですが、その看板の設置を機にそこでの飛行を諦めてくれたからです。

煩くて危険極まりない事からラジコン機の飛行を禁止してるのなら、我々はここでそうした迷惑を周辺の人や他の河川敷の利用者に迷惑をかけない模型趣味を楽しもう、そうコンセンサスをまとめて様々な模型の楽しみをこの場所で行って行くこととしました。

そのための取り組みのひとつがゴム動力等の軽模型飛行機の提案であり、子供模型飛行機教室の開催であったりしたのです。
やがてこの場所での模型飛行機は徐々に小さくささやかなものとなりはじめ、逆に技術的には大変な速度での進歩をはじめました。

ところがある時点を境に、この場所での飛行機が再び少しずつ大型化し、出力も増大し始めたのです。

間接的ながらそのひとつの原因に、新しい参加者の急激な増加があげられると思います。

ブログ上の主旨に賛同して小さな機体、低出力な模型飛行機を持ってきてくれる人たちも少なくはなかったのですが、経験豊かな先輩たちにとっては、ただでさえ飛行の難しい超小型機を初心者が扱うというのは無謀に映ったようでした。そして初心者は先ずは飛行の原理を理解し、安全なRC機の飛行技術を身につけるために、ある程度の大きさの練習機で飛行練習をすることが重要だという意見が主となったのです。
一旦そうと決めた先輩方の初心者に対する面倒見はすばらしいものでした。
トレーナーコードで二台のプロポをつないだ練習専用機まで製作してくださり、自分の飛行時間を削ってでも初心者の指導に当たられる。ムサシノ10エンジン機に匹敵する速度と大きさの機体は、初心者練習機については少し異なる意見を持っている僕からみても、極めて優れた傑作でした。

先輩方の情熱と定見の確かさに、僕には言うべき何も持ち合わせがありませんでした。
やがてスパン1mほどのその機体がこの飛行場所での標準サイズと認識されるのはあっという間でした。

飛行場所の広さからしてこのサイズの飛行機は決して大きすぎるというものではありません。しかし機体のサイズがみんな同じとなったらどうしてもパワーアップに目が行くのは世の常なのでしょう。エンジン機を凌ぐような高性能なスタント機が飛び回るようになりました。
季節の良い頃になるとこの場所に10人以上の仲間が集まって、このクラスの機体が20機以上河川敷に並べられて常時5、6機の機体が空を飛んでいます。

何度か新しい超小型機やトイプレーンを持ち込んで懸命に小型機のプレゼンテーションをしてはみたのですが、僕自身の趣味としてしか皆の目には映らなかったようで、小型軽量機による他の人達を圧倒しない模型飛行機というものへの回帰は夢のまた夢でした。
そこでひとつ、自分も皆と同じ事をしてみようと考えて10エンジン機を電動化したものを飛行させてみたりもしました。
するとやっぱりこのサイズには超小型機にはない飛行の満足感があります。
しかしながら、どうしてもこのサイズの機体は都会の真ん中を流れる河川敷で飛ばした場合、趣味人のささやかな模型遊びと言える範疇では無いと思えました。

少し前に河川事務所から模型飛行機は飛ばさないでくださいという指導があったと聞きました。また最近になって、エンジン機を飛ばす人がこちらにもやって来るようになったのだとも聞きました。

勝手なもので、自分がこれでいいと思うサイズ、飛行特性の模型飛行機を飛ばしていたのならば、河川事務所と掛け合う気持ちも沸いて来るのですが、そう言われても仕方が無いと思う現状ではその勇気は出てきません。その様な状況の中で僕自身、送信機の電池が弱っているのに気がつかず風に流されたミニュウムを河にかかる橋の上に落としてしまうという大失敗まで‥‥

橋の上では気づいた人さえ無いような出来事でしたが、それで気持ちが完全に萎れました。

昨日より進んだ何か、魅力的な何かを提供できないと思ったブログにはまったく何の関心も持てなくなりました。
すみません。
正直に申し上げて、自分が責任を持つべきブログをまったく見ていないのです。

今も風の無い日は河川敷に出かけてゴム動力機を飛ばしてみたりしますが、まったく意気が上がりません。



■それでも飛行機を飛ばしたい■



でもこの場所での模型飛行機の飛行を完全に諦めたわけではありません。
誰にも迷惑をかけずに済むはずの河川上空での水上機の飛行なら、許されると信じているからです。

思えばもともと水上機を始めたのは、将来必ず模型飛行機を飛ばせる場所は無くなるに違いないと思っていたからです。

でも水の上ならきっと誰にも咎められない自由があるはず‥‥

春に向かって少し手の込んだ水上機を仕上げて行こうと思っています。



■ブログの今後■



1. もはやグループ的な模型飛行機の情報発信は諦めるしかない状況になりましたので、従来型の更新は行わない事にいたします。
2. 「小さな飛行機in大和川」のタイトルを変更し、新タイトル「夢の模型飛行機」に改めます。
3. 水上機と軽模型飛行機以外の記事を削除させて頂きます。
4. クラブ会報的なコメントは受付中止とさせていただきます。
5. 遅れに遅れている和歌山での模型飛行機教室の記事を再開第一号としてまとめます。

なお記事の整理、内容の変更は少しづつ時間をかけて行ってまいりたいと思いますので、しばらくは不都合も多いかと思いますが、どうか今しばらくご辛抱くださいませ。

またこの機に削除を希望される記事や内容がございましたら、御遠慮なくお申し出くださいませ。


北尾
スポンサーサイト

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。