夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドロスキーの実験2

「マチュピチュ」を使った第2回めのテストは
「ヒッジョーに厳しい!」の結果となりました。

■9日のテストの模様

大増水の影響でお馬鹿さん(林氏を除く)以外は河川敷に降りられないため、あまり良い写真がありません。

20051012101734.jpg

メカ一式を通常の物に換装し、リポを3セルとしたところ、エレベーターは無しのままですが機体重量が178gにもなりました。それでもパワーアップ分で何とかなるだろうと、考えてのテストです。

何度も滑走テストを試みましたが、直進性が悪く、しかもカエル飛びのようなポーポーズまで発生して上手く行きません。

20051012102522.jpg

これは川の流れが速すぎるせいだと考えて一旦引き上げ。

試しに陸上で手投げで飛行させてみました。

するとこの前の重心と同じ位置では機体がまったく上昇できない事が判明。
そこで重心を10mmほど後退させてようやく飛行させる事が可能になりました。

20051012103123.jpg

前回の写真と同じに見えますが、ラダーの下に浮力水中舵があるので、今回のテストとわかります。メカの交換とパワーアップで風が結構強かったにもかかわらず安定した良い飛行ができました。

20051012103745.jpg

その後変更した重心でテストしてみたところ、何度目かのトライで飛行には成功したのですが、その途中に飛行機を川下に流してしまい、濁流の川に胸まで水に浸かっての機体救出(お馬鹿な命がけ)などという騒ぎをやらかしてしまい、当然の事ながら写真がありません。

■10日のテストの模様

前日より川の状況は良くなっているはずだから、今日は大丈夫だろうと考えてのこの日のテストでしたが、これまた良いお勉強をさせてもらいました。

充電を待ちながらみんなの飛行機を撮影しているうち、本機のテストの頃には大粒の雨が降り出しました。
これは大変と7月以来の大雨の中でのテストです。

昨日判明した重心位置で滑走を試みますが直進性が悪くどうにも上手く行きません。

20051012104559.jpg

20051012105323.jpg

20051012105448.jpg

本来は少しづつ滑走板の位置を変えながらテストをするつもりでしたが、雨の中でそんな悠長な事はしていられません。

で結局、やけくその手投げとなりました。

20051012105729.jpg

20051012105837.jpg

これで着水だけでもと思いましたが‥‥
ありゃりゃ!
20051012110046.jpg

失速して激しくロール!墜落!

20051012110206.jpg

重心を確かめてみてびっくり、昨日より15mmも後退しています。

そうです、びっしりと主翼に付いた雨の水滴で極端な後ろ重心になっていたのです。重心の前に20mm以上前にずれたステップで水上機が直進するはずもありません。
うーん、機体に付いた水滴の影響による重心移動は先尾翼機の場合、普通型よりはるかに大きくなるのか‥‥
カナード機は水上機に最適な機体レイアウトかもしれないと考えていましたので、これには大ショックでした。

さーて、どうしてくれよう。

以下、次回に続く。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

いつも楽しく拝見させていただいています。
私も水上機が好きで、自作したりしていますが
まだまだ初心者で、知識も経験も周りに水上機を飛ばしいる人もいないので、とても参考になります。マチュピチュ作ってみたいと思うのですが
図面のサイズがわかりません 教えていただけると幸いです

水上機は楽しいです

はじめまして大澤さん

周りに仲間が居ない境遇で水上機を始めるのは大変だと思いますが、何とか諦めずにこの素晴らしい世界を楽しんでください。僕も一人の仲間も先輩も居ない中、水上機のテクニックを一つずつ体験の中から身に付けて行きましたので、何か御質問があれば多少はお応えすることもできるかと思います。

図面ですが72dpiで原寸となっています。
ブログの図面を一回クリックして拡大図が表示されたら、そのままコンピューターにダウンロードして、72dpiでプリントアウトすれば原寸図が出来上がるはずです。
分割プリントの仕方はプリンターの説明書に従ってください。

初心者と伺って思うのですが、水上機としてのマチュピチュは一筋縄では行かないかなり上級者向けの飛行機(と言うより未完成)です。
初めて製作されるのでしたら「YB飛行艇1型」の方をお勧めします。
こちらは220gぐらいで仕上げれば大変飛ばしやすく、一般の練習機を確実に飛行させることができる方なら比較的容易に初めての水上機チャレンジに成功していただけると思います。
図面及び関連記事は右側上部にあるボックス内の検索バーに「YB」と打ち込んで表示された記事をご覧下さい。
また同ボックス内のカテゴリーの欄で「水上機を始めよう」をクリックして頂くと、水上機に適した場所の探し方や飛行のテクニックなどを紹介した記事とYB飛行艇1型の関連記事がご覧頂けます。

感激しています

ありがとうございます。
実は、このようにパソコンから投稿するには、初めてで
私のコメントに返事があっただけで、とてもうれしく思っています。
パソコンの方も素人でうまくお話出来るか心配です
飛行機の事も 御親切にありがとうございます。
おことばに甘えて、いろいろ教えてください
今後ともよろしくおねがいします。

これからもどうかよろしく

水上機の写真など撮れましたらぜひお送り下さい。
アドレスは|HOME|にあります。

写真送ったのですが

写真はちゃんと届きましたでしょうか?
メールも不慣れですし、写真を送るのも初めてなので、
ちょっと心配です。

残念ながら届いていません

大澤さん
写真もメールも届いていません。
申し訳ありませんが|HOME|のアドレスをもう一度確認してお送り頂けないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大澤さんメール届きました?

大澤さん

メール送ったのですが届いていませんか?
トラフィックリターンが無かったのでボックスには入っていると思うのですが、もしかするとyahooとの接続に問題があるかも知れません。
出来れば加入プロバイダーのメールボックスを使うほうが確実だと思います。

北尾さん ありがとうございます。

北尾さん
ありがとうございます。写真を添付して返信しました
届いていると良いのですが、

教えてください

>図面ですが72dpiで原寸となっています
すみません 72dpiでとのこと
どの様にしたらいいのですか
プリンターに無いのですが?(PM-860PT)
A4までのプリンターです

マックしか解らないのですが

すみません。
僕のパソコンはマックの古いタイプですので、ほかのコンピューターのシステムは解りません。

小さくてもプリントが出来たのでしたら、それを全幅が72センチぐらいになるようコピーで拡大して使用してみてください。

なお蛇足ながら、ブログの図面をクリックして頂きますと、原寸図面が表示されます。僕の場合、それを一旦HDに保存して、フォトショップなど写真修正ソフト上からプリントアウトしています。

気付いていませんでした。申し訳ないです。

すみません。
管理人宛の書き込みを幾つか頂いていたのに、まったく気が付きませんでした。遅ればせながらお応えします。

図面については上記のような具合です。
ブログ中のサムネールをクリックして原寸図を表示し、それを使用してください。
重心位置は図面中にあります。
機体はGWSのEDF50に合わせた設計となっていますが、40も使えます。
ラダーとスピコンだけより、3チャンネル装備の方がやはり飛ばしやすいと思いますが、あとは重量と相談です。

水濡れ対応

楽しそうな飛行機で興味あるのですが 受信機やバッテリーなど
水に濡れないのでしょうか? 濡れても大丈夫なのでしょうか?

ちょこっと防水

レシーバーとアンプは裸の基板にしてティッシュを巻いてからビニール袋で防水しています。サーボは防水していません。
飛沫ぐらいは何とかカバーできますが、水に浸かれば装置は故障します。
たいていの場合裸にして二三日乾燥させればまた使えますが、そのまま駄目になる装置もよくあります。
怪しくなった装置も捨ててしまいますので、ある意味メカは消耗品です。
けどそんな不経済な事をしながらでも続けてしまう魅力が、水上機にはあるんです。
メカの完全防水には様々な方法で取り組んでみたのですが、現状の不完全防水、乾燥というパターンより、メカが駄目になる確率が高くなってしまいます。

さらに詳しく

もうちょっと詳しい防水については、下のコラムのコメント欄をご覧下さい。
http://kit01.blog15.fc2.com/blog-entry-13.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/141-7415a1f2

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。