夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルミニプレーン

龍田さんのオリジナル小型電動機

朝一番から軽快な飛行振りの龍田氏の愛機は翼長70センチほどの可愛らしい機体。
三好氏から譲り受けたものですが、独自の改良を加え、お色直しも済ませて龍田氏流のスローフライト機となりました。

モーターは最近では使う人の少なくなったマブチ280カーボンブラシ。どちらかと言えば出力の少ないこのモーターにGWS4.5×4のペラを取り付け、1000mAのリポ2セルで、軽量機にぴったりの程よいパワーを引き出す事に成功しています。

のんびりとした癒し系の飛行はまさに龍田氏ワールドです。

20050711135604.jpg

とても可愛い機体です

20050711135812.jpg

フロントのアルミ版でモーターを冷却します。

20050711140023.jpg

20050711140142.jpg

スポンサーサイト

コメント

紙飛行機の塔

テレビを見ていたら広島で紙飛行機の為の塔があるという番組をやっていた。レポーターが訪れたのは高台にある公園。画面に映し出されたのは塔ではなく(実物を見るまでは木組みのせいぜい10m位の物と思っていました。)タワーでした。紙飛行機という子どもの頃誰もが1度は折った事のある身近な存在を専用のタワーから飛ばせるという壮大な夢物語を実際に作ってしまった町に拍手です。
この施設を管理している方が紙飛行機滞空時間世界2位という人物だから存在意義も大きいと思います。でも入館料が100円という価格で維持していけるのか心配ですが模型飛行機を愛するものとして応援したいですね。広島は遠いです。

http://www.jinsekigun.jp/site/page/sightseeing/action/playing_field/kamihikouki/outline/

ほんとご無沙汰しています

お久しぶりです湯川さん。

その紙飛行機の塔は僕も10年ぐらい前に見たことがあると思うのですが、今でも健在だなんてやっぱり素晴らしいと思います。
初めて知ったのですが入館料は100円なんですか。
それで遊ばせてもらえるなんて本当に立派な人がいますね。

僕の模型飛行機は現在休眠中です。

またいつかムラムラと作りたくなるまで、色々なアイデアを取っておこうかなと思っています。
四、五年の周期で夢中になって飛行機を作る時期と、バードウオッチングや旅行にはまる時期が交互にやってくるのですが、今はまったく後者の気分みたいです。

数年先にまたそれを作り始める頃にはきっと今とはまったく違う何かを模型飛行機は獲得しているのでしょう。それはもちろん楽しみなのですが、それと引き換えに失うものが何であるのかが少し気になります。

でも模型飛行機を支えている人達は間違いなく夢の大切さを知っている人々ですから、心配はしていないのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/21-28462e73

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。