夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行場所周辺の町

その日は大風で、とてもじゃないけど飛行機を飛ばせる天候ではありませんでした。

20060531110259.jpg

迷惑はなるべくかけないようにと思いながら模型飛行機を飛ばさせて頂いているのですが、それでも気付かないうちに迷惑をかけてしまっているかも知れない、飛行場所のまわりの町を少しゆっくり散歩してみました。

と、その前に、最近いつも飛行機のバックに写っているムラサキの小さな花をよく観察してみます。

20060531110924.jpg

蔓科の植物なんですね。
花にはあまり香りはありません。
後で名前を確認しようと記録します。

20060531111119.jpg

阪堺線大和川駅の西側、以前にもご紹介した40年目の大サボテンはまだ健在でした。
阪神高速大和川線の工事にともなって立ち退きになるこの辺りは、住民の引っ越しもあらかた終わったようで、ひっそりとしていました。

20060531111401.jpg

その一角を抜けると静かな町並み。
70年代そのままの散髪屋さんがあります。

20060531111722.jpg

ドクダミ草の花も今が盛りです。
臭いと言う人もいますが、僕はこの香りが大好きです。

20060531111454.jpg

カッコイイ看板。
鉄のポップ屋さんなのですね。

20060531112138.jpg

橋を渡って対岸へ。

20060531112221.jpg

大和川の堤へのスロープはとても古い石組みで作られていました。
陶製の水道管の跡が残っています。

20060531112436.jpg

スロープのトンネルを抜けると、懐かしい佇まいの静かな町。

20060531112825.jpg

紫陽花がもうこんなに咲いてました。

20060531112918.jpg

これは宵待ち草の一種でしょうか。

20060531113010.jpg

よく見る小さな花ですが、名前を知りません。
ちゃんと調べなくてはいけませんよね。

20060531113125.jpg

いつも飛行機の写真のバックに写る対岸の鉄塔の下辺り、レンガで作られた物凄く短い鉄橋がありました。

20060531113349.jpg

ちょっと京極チックな風景です。

20060531113457.jpg

しばらくそこに佇んでいると、とことこと阪堺線が渡って行きました。

20060531113559.jpg

我孫子前駅へと向かう途中、軒下の犬小屋で猫が一緒に寝ていました。
とても優しい顔立ちの猫ちゃんで、もしかするとこのワンコを育てたお母さんなのかも知れません。

20060531113852.jpg

我孫子前の駅では阪堺電車のオリジナルグッズ「駅名表示板マスコット」を買いました。400円と結構高かったのですが、いとしの大和川駅がありましたので、買わずにはいられませんでした。

20060531114226.jpg

やっぱりこの辺りで馬鹿げた騒音を出すのは絶対いけませんね。
スポンサーサイト

コメント

レンガ作りの鉄橋なんていいですねー。僕はこういうのが大好きです。町並みは下町の風情があり、いいなー。こんな環境の場所での騒音は絶対に辞めるべきですね。そういえば、僕が5月の連休に神奈川のYSFCの飛行会にお邪魔したときに、皆さんとの話の中で、「危険」という話題で盛り上がりました。模型飛行機もヘリもやはりペラがどれだけ危険かという話でした。僕たちが飛ばしてる飛行機はどれも20g以下で、ペラもバルサ、スチレン等です。
その観点からすると、インドアでのアクロなんて凄く危険と感じます。おまけにあの狭い空間で体のすごそばを飛ばしてるのですから。少なくともフライトゾーンと観覧者はエリア区別するべきだと思います。そんなこともふまえて、RCが皆さんに理解してもらう努力が必要なんでしょうね。

普通フライトエリアに行くには皆さん車を使いますよね。
家からそのまま飛行場所に行ってその場所だけを見て帰る。
だからこんなに広いところでちょっとぐらい音を立てたからってどうって事無いのにと思い込んでしまう。
けどその周りには静かな普通の生活があるんですよね。
それはほんの少し歩いてみればずぐに解ります。
頭では一応理解していたはずの事が、実感として体に入る。

たまたま好きだった町歩きも、模型飛行機の役に立つと言う事ことが解って嬉しくなりました。

プロペラも確かに危険ですね。
そうした事も含めて、これから僕は、パワーを大きくしすぎない模型飛行機についてより深く考えて行きたいと思っています。
電動飛行機もパワーパワーになってしまうと、結局のところエンジン機と同じ道を歩む事になってしまうと思えてならないからです。

いいところですね

花は名前が無くても咲いているし、気づかなくても綺麗に咲いている。にゃんこも犬も同じ小屋で仲良く寝ているし。足るを知るで、うまく共存していきたいですね。にゃーンチャって

同じコースを歩いても人によって切り取る景色は異なるのではないでしょうか。
北尾さんのお人柄が良く解るような気がします。

なかなか遠くへ行けないから、心がすぐに遠くに行ってしまうという、たいへん重い症状。
完治は困難です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/358-03a50769

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。