夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラカラー仕上の紙張り修正

今日していた作業でちょっとアイデア。

プラカラー仕上の紙張り機が破れた時に紙を貼ってドープを塗ると、どうしても色が溶けて汚くなりやすく、マジックで引いたライン等は滲んで目も当てられない有り様になってしまいます。
そこでふんとひらめきました。

先ず、修正の紙張りを木工ボンドを薄めた奴で行います。
この時の濃さは普通に張る時より少し濃いめで乳液ぐらい。
これを周りに食み出すくらいにたっぷり塗って紙を貼ります。
さらに骨の部分にも上から細筆でボンドを塗り込みます。

20060602185204.jpg

そして乾いたら霧を吹いて乾かして、ドープを修正の紙の大きさより少し広めにぬります。ボンドの被膜があるので、ドープの溶剤にもプラカラーは溶けません。
最後に湿らせたティッシュでボンドを優しくふき取ると、あら、簡単に奇麗な修正ができました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/360-3c62a8b3

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。