夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平城宮ライトプレーン大会レポート

2006年6月4日の日曜日、34年ぶりにライトプレーン大会に参加しました。
場所は平城宮跡の広場。

20060605120202.jpg

一面の草原が広がる素晴らしい場所です。
こんな場所で模型飛行機を飛ばせるなら、ちまちまコントロールしようなんて気が起きないのも、なるほど納得です。
参加者は50名以上、フリー機の人気の高さにあらためて感心します。

20060605120735.jpg

長年のマニアの方ばかりで、参加のスタイルも各人各様のリラックスムードです。

20060605120640.jpg

20060605120619.jpg

20060605142212.jpg

機体にももちろん、それぞれの方のポリシーが貫かれています。

20060605121155.jpg

20060605121322.jpg

20060605121350.jpg

待機の雰囲気も個性的。

20060605121458.jpg

20060605121520.jpg

素晴らしい作りの機体です。

20060605121725.jpg

大きい方がクープ級、小さい方がミニクープ級の機体だと教わりました。

20060605121550.jpg

国際級の機体も展示されて、えい航実演が行われました。

20060605121444.jpg

そんな所に僕たちは、いい加減な機体を提げての参加です。

20060605121141.jpg

20060605140346.jpg

競技に参加する機体は出来上がったばかりの2機。
名前はまだなのですが、記事を書くついでに付けてしまいます。

こちらはクラシック旅客機風の「ケリ型」

20060605122816.jpg

スパン38センチ、重量25g、プロペラ18センチ
こちらは戦前スポーツ機風の「カナリア」

20060605123218.jpg

スパン36センチ、重量23g、プロペラ15センチ

どちらもまともな初飛行を済ませていないので、到着するなり飛行調整です。
と、これが上手く飛ばない‥
全力でゴムを巻き込むともんどりを打って墜落してしまう。

20060605124008.jpg

けどまごまごしているとすぐに大会が始まってしまいます。
一度に2機を調整するのは大変ですが、ダウンスラストを調節したりゴムの条数を変えたりと必死です。そして皆が二、三度目の記録を取る頃になって、ようやくの事、何とか飛べそうな状態になりました。

計時をお願いして「ケリ型」第1回目の飛行です。

20060605124606.jpg

結局、垂直上昇型の調整です。

20060605124738.jpg

記録は27秒。
この飛行機は30秒ぐらい飛べば上出来と思っていましたので、まあこんなものかなと思いました。

続いて奥さんの「カナリア」

20060605125220.jpg

20060605125246.jpg

こちらは調整があまり進んでいなくて、13秒でした。
時間があまり無いのでどんどん計時をお願いして、3度目の飛行では「ケリ型」が36秒、「カナリア」が19秒とそれなりに飛んでる感じにはなってきましたが、見かねた計時の方が、これを使って見なさいと、FAIゴムを2機分くださいました。

初めて見るフリー競技用の本格ゴムです。
僕の持ってきた風邪を引きかけている黒い国産ゴムとは趣が違います。

20060609174840.jpg

ゴムを巻き込んでみると明らかに2倍は巻ける感じです。
トルクが少なくなり上昇は旋回上昇となりましたが、ゴムに蓄えられたエネルギーの総量は段違いです。

20060605131018.jpg

20060605130959.jpg

何とケリ型には47秒の記録が出ました。

20060605131120.jpg

そしてカナリアの5回目の飛行。

20060605120710.jpg

記録は39秒。
しかもこの飛行の時には風がぴたりと止んで、自分達の頭上を機体が旋回しながら飛び続けるという楽しい事になりました。

20060605133514.jpg

20060605131248.jpg

20060605135903.jpg

15センチのプロペラのライトプレーンとしては悪くない飛びっぷりでした。
もしかすると脚付きのお遊びライトプレーンでも1分MAXは狙えるかも知れないと、そんな気分になりました。
ゴムを下さった皆さま、お陰でゴム動力機の本当の楽しさを知ることができました。

ここからはフィールドで見かけた素敵な飛行機達。

ベルト駆動の双発機「月光」
雰囲気がとても楽しい飛行機です。

20060605133721.jpg

可愛いいピーナッツプレーンの「クーガー」

20060605133051.jpg

発進。
手の中の機体は本当にマイクロです。

20060605133152.jpg

30秒を越えるような素晴らしい飛行でした。

20060605133251.jpg

こちらの白いピーナツ機もとてもよく飛んでいました。

20060605134743.jpg

そして完全フリースケール機の「プスモス」

20060605134000.jpg

脚の構成や胴体下面の延長排気管など、精密な作りでムード満点です。
そして精巧な折畳みプロペラ。

20060605134019.jpg

ゴム巻きスタンドもいい感じでした。

20060605134334.jpg

飛行は圧巻。

20060607142136.jpg

20060605134443.jpg

悠々と空をゆきます。

20060607142706.jpg

ラジコン機よりはるかに軽いはずなのに、飛行の重量感はこちらが圧倒しています。

20060607142236.jpg

20060605134632.jpg

ぼくもゴム動力飛行艇を飛ばしてみました。

20060605135135.jpg

20060605135157.jpg

相変わらず飛行調整のやりにくい機体で、15秒以上飛んだのは一度だけでした。

20060605135310.jpg

20060605135331.jpg

本当に楽しい大会で、久しぶりに飛行機を追いかけてくたくたになりました。
僕たちの順位は23位と24位。たぶん最下位ワンツーフィニッシュでした。

20060605135951.jpg

初参加者の私達と仲良くして下さった皆さま、本当にありがとうございました。

コンテストの結果は発表され次第リンクを張らせていただきます。
スポンサーサイト

コメント

本当に楽しそうですね。僕も近くでこのような大会があれば是非参加したいです。模型飛行機の原点であると信じてます。子供の頃に作ったオリンピア号とかを思い出します。懐かしいです。しかし、このような飛行機を作る若い方がいません。今の時代は買ったその日から飛ばせなくては売れないのでしょうか?もう少し時代が進んだら、どうなるのでしょうか?先輩方がお元気なうちに、その技法をついで欲しいものです。それにしても奥様と趣味が同じとは羨ましいかぎりです。我が家ではバルサ片はゴミでしかないようです。
6月に入り、たんぼには稲が植えられてきました。しばらくは、裏のたんぼでは飛行機を飛ばせません。でも僕の環境はいい方でしょうね。

フリーフライトをもっと

こんにちは野末さん
一日中空を見上げていて日焼けで大変です、
今回の大会では子供の姿が一人も無かった事に加え、20代、30代の姿も見かけなかったような気がします。模型人口の多さの割にはあまりにも世代的な偏りが激しいように思いました。
久しぶりにライトプレーンを飛ばして思ったのは、見かけの素朴さとは裏腹の先端的な技術蓄積の必要性と自然を読み込むための鍛え上げられたメンタリティーの重要さでした。実際のどかな気分で楽しめる模型遊びだと何となく思っていたのですが、なかなかどうして、頭と手先を使うのに忙殺されて、帰ってから写真を眺めてようやくその日の出来事のアウトラインが解るという有り様でした。

けど本当に面白いです。

RC電動機の世界には少しづつですが、若い人達が増えてきています。
トイプレーンを素晴らしくよく飛ぶラジコン機にするのと同じように、ユニオンのスチロール製のフリー機でも、ゴムを変えたりプロペラを工夫したり、軽量化したりすることで、凄いフリー機にすることも可能だという感触が今回の大会参加で掴めました。
その辺を突破口に、こちらにも子供達や若い人達を引き込めないかと、ちょっと思いました。

私も去年の夏はフリーフライト紙飛行機三昧でしたw
RCには無い味があって良いですよね。
こちらは風が無い日が大変少ないのですが、大会開いている公園ではお子さん達も大人にまざって飛ばしていました。
このような大会等のイベントが各地でもっとあれば愛好家も増えるのでしょうね。

フリーとラジコンはかつて犬猿の仲といってもいいくらいに仲の悪いものだったのですが、電動軽量機が出始めて両者の関係はかなり良くなったような気がします。
時と場所に合わせてフリーとRCを飛ばし別けるそんな模型好きが、これからも幸福なモデラーで居続ける秘訣かなと思ったりします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/361-011c1879

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。