夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救助についてのあれこれ

救助飛行艇は大活躍。

20050803150007.jpg

わざわざ船を別に用意することなく、飛ばしている飛行艇がそのまま救助のために使用できると言うのは大変魅力的です。ヒモの取り付け方で飛行艇の機動性が大きく左右されますので、充分な研究をしながらぜひ活用してみてください。
でもヒモを付けずに水上機を救助に使うのは絶対禁物です。
救助対象に乗り上げて転覆、二重遭難の危険性大です。

20050809161755.jpg

レスキューを行う上で最も重要なのが「遊び心」です。
救助に成功すれば賞賛を受ける。結果はどうあれ、それを含めての水上機遊びなのだと、おおらかに楽しみましょう。

20050809161844.jpg

水上機の救助になぜ鎌が‥‥

水上機と言えども不時着するのが水の上とは限りません。夏草の茂みに墜落した飛行機の捜索は水遊びの軽装ではとても歯が立ちません。こんな小さな鎌でもそこに有ると無いでは大違い。もしこれがなければ、今回の遭難機の救出は出来なかったかも知れません。

20050809161933.jpg

投げ竿もあれば役立つ事もありますが、浅瀬の多い場所での救出実績はほとんどゼロです。
絶対確実迅速なのは、場所探しでも申し上げた通り、半ズボンと草履で歩いて取りに行くこと。アンプに水が回って勝手にプロペラが回り出した飛行機だと、のんびり救出作業をしているうちに全部お釈迦なんて事にならないとも限りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/73-7f3dafc8

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。