夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DFデルタ水上機にブラシレスパワー

ホリゾントにいよいよブラシレスパワーを装備!

20050817164950.jpg

テストはとりあえず成功。
でも凄い飛行になるはずが、セッティングミスであんまりパワーが出ませんでした。

使用したモーターはFeigao1230シリーズの4100Kv、リポはコカムの340×3セル。秤で推力を測定してみると、前回テストのブラシモーターよりわずか10g増加しただけの約90g、こんなものかなと思いましたが、少しでもパワーアップすれば飛行できるだろうと、そのままテストに臨みました。

滑走開始。前回テストのような不動の10秒は無く、スムーズにハンプ、そしてプレーニングへと移行します。

20050817170914.jpg

パワーアップの分だけ加速もスピーディー。

20050817170927.jpg

スムーズな離水。

20050817170945.jpg

ぎりぎりではありますが、滑らかに上昇して行きます。
流石のブラシレスパワー。

20050817171001.jpg

上空飛行速度は40kmぐらいでとても遅いです。
イメージしていたブラシレスの飛行とは全然違いました。

20050817171808.jpg

着水の高度調節はパワーコントロールが結構シビアです。
思えば本機での本格的な着水は初めてです。

20050817171826.jpg

失速の心配はあまりないのですが、速度は落としにくいです。

20050817171839.jpg

20050817171853.jpg

着水はよく跳ねます。

20050817171920.jpg

20050817171938.jpg

ようやくまともな水上機として飛びました。
気を良くしてもう一度離水。

20050817172835.jpg

20050817172856.jpg

20050817172910.jpg

水面から上がってゆく姿はデルタ機特有のいい雰囲気で大満足。
性能を求めたい気持ちがなえなえになります。

20050817172926.jpg

ちょっと試すだけのつもりでしたので、重心の関係もあってクーリングブロックを付けずに使用しましたが、これは失敗。
危うくモーターを焼いてしまうところでした。

その後、ダクトの形を変更しモーターの負荷を見直したところ、推力が110gにいきなりアップ。モータの慣らしとか電池の慣らしとか、そんな事も関係しているのでしょうか。
次のテストが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

スムーズな離水成功おめでとうございます。
でも、私としてはこの写真で一番驚いたのが水中舵のリンケージ方法です。
こんな方法があるなんて私は考えもしませんでした。
凄いアイディアですね。(^_^;)

あと、よろしければ今後の勉強のために
推力アップに成功したと言うダクトの形と、
モーターのセッティングのレポートも
アップしていただければ嬉しく思います。

恐縮です

ラダーのリンケージは随分悩んでようやく出来たもので、そこをお褒め頂けるのはたいへん嬉しいことです。
さすがSekiaiさん。黙っていても一番見ていただきたい所に気付いてくださる。

改良型のノズルは前回のものとほとんど変わらないのですが、また来週レポートさせて頂きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/81-f21ef567

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。