夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水上機の離水

三好さんの二式水戦はいよいよ性能が安定してきました。
水上機の離水の見本になりそうな連続写真が撮れましたのでご紹介します。

20050826080354.jpg

タキシングからハンプ、プレーニングそして離水はこんな感じで‥

1.タキシング

エレベーターを大きくアップにすると機体が安定し舵も良く効きます。
翼端フロートの両側が軽く接水した状態でのセッティングにすることで、タキシング時の性能が高まります。

20050826080540.jpg

2.ハンプ

この時もエレベーターを軽く引いておくと、方向が定まります。
そして加速とともにエレベーターのアップを抜いてゆきます。

20050826080638.jpg

3.プレーニング

ラダーは大きく操作せず、なるべく飛行機なりの進路にまかせます。

20050826080744.jpg

4.離水寸前

プレーニングが安定しているなら、まだエレベーターは引きません。
エレベーターのアップなしで自然に離水するのが水上機セッティングの理想です。

20050826080905.jpg

5.離水!

上昇角はなるべく浅く、慎重に。

20050826081000.jpg

水上機は陸上機に比べると加速がうんと遅いので、第二旋回位まではとにかく慎重な操作をすることが、水上機成功の秘訣かも知れません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/91-440d2bf5

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。