夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

US-1式波消し装置(三好式)

三好さんの400クラスオリジナル飛行艇の波消し装置を御紹介します。

長穴の開けられた取り付け板は0.3~0.5mmのアルミ板で製作します。
長さは船首直後から、滑走面の約70%の位置までです。
ステップにまで延長する必要はありません。

20050829115001.jpg

前方下方から見たところ。
船体側面から約5mmほど浮かせて装備します。
波消し板は船底のエッジから1.5~2mm水中に出張った状態にします。

20050829114915.jpg

後方下方から見たところ。
波は船体とアルミ板の隙間に吸い上げられ、長穴の部分から気泡とともに排出されます。

20050829114831.jpg

効果は抜群ですがそれを示す写真はなかなか撮れません。

20050829120225.jpg

船首波のおさまり工合が解るでしょうか。

20050829120352.jpg

この日は10m近くの風が吹き水上機を飛ばすには厳しい状況でした。

20050829120740.jpg

機体は滑走の間もなく浮き上がってしまいます。

20050829120823.jpg

風にあおられ頭上げを起しますが‥‥

20050829120904.jpg

落ち着いた操舵で機体を立て直します。
80歳になっても三好氏の腕に衰えはありません。

20050829120950.jpg

強風にも関わらず快調な飛行振りです。

20050829121040.jpg

20050829121130.jpg

風が強い時の着水はスピードをあまり落とし過ぎないのがこつです。

20050829121223.jpg

エレーベーターで機体を吊らずにパワーコントロールのみで機体を沈下させます。

20050829121311.jpg

少しぐらい荒い感じの着水になっても我慢。速度を落とし過ぎると着水してから、必ず機体があおられて、悪くすると転覆です。

20050829121353.jpg

スポンサーサイト

コメント

波消し

この機体は全体のシルエットがとても綺麗ですね。
この写真ならば波消し装置の細部がとてもよく分かります。
実用面でも効果的でしょうが、飛行艇の雰囲気を盛り上げる効果が
一番でしょう。
きっと、ここから水が排出されていくのを見るだけでも楽しいと思います。
アルミの風合いも、実機感が出ていて良い感じですね。

夢のような模型

Sekiaiさま

僕も三好氏の模型飛行機が大好きです。
その理由はSekiaiさんのおっしゃる通り、模型作りの気分に属する部分なのだと思います。模型を作る事の喜びが、小さな工作や工夫のひとつひとつに現れていて、また補修の痕にさえ、見ていてうっとりするような愛情の深さが感じられます。

三好氏の模型は、僕の目指す模型作りの到達点そのものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/95-57fb26b9

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。