夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

180モーターのプロペラ選定

「ポキータ」の場合

20050831123452.jpg

全備重量180g~220g(搭載バッテリーによって変動します)のマイクロ機に180モーターを使用した際のプロペラとバッテリーのマッチングです。

20050831124218.jpg

■右側のいちばん小さなプロペラはユニオンのJrバード用。

これは3セル340mAリポとベストマッチングです。
とても良く飛ぶのですが、ペラの回転数が25000rpmにもなって、サイレンのような甲高い音がするのが嫌なところです。

■赤いペラはユニオンのフライングバード用。

これは8セル300mAニッケル水素で使用していたものです。これもいいマッチングで良く飛んだのですが、少し機体が重くなり過ぎる事と実質の飛行時間が3分しかないのが難点でした。

■銀色に塗装したプロペラはGWSの4×4。

何とかリポ2セルで静かに飛行させたいと試したものですが、コンディションのいい740~910の2セルリポで電圧の高い3分間ほどやっと飛行できるだけという状態で、あまり成功とは言えませんでした。

■そして左端のオレンジのペラがGWSの4.5×3。

今回初めてこのペラを試したのですが、これが抜群のマッチングを見せてくれました。
10m近い強風の中でもリポ2セルで楽々離水。がんがん高度を取ってびゅんびゅん飛び回り、これまでのパワーユニット中最高のパフォーマンスを発揮しました。
ただ消費電流は5Aを少し超えてしまっようで、5A用のアンプが約2分間で熱カットしてしまいました。少し大き目のアンプに交換してやらなければなりません。

はー、実際リポの3セルと2セルでは、ベストマッチのプロペラの大きさはこんなにも違ってくるんですね。
で計算して見ました。

3セルで小さなペラを回した時の消費電流が約4A、3セルの電圧を12Vと考えて掛け算すると48W。2セルで4.5×3を回した時の電流が6Aとして、2セルの電圧を8Vとして掛けると、48W。
何と、合ってる。自然科学って大したものなんですね。


撮影をお願いできなくて強行飛行の写真がないのは残念無念。

20050831131654.jpg

でも1350mAのリポが使えるようになりましたので、充電なしでも2分間の飛行が6~7回くらいはできるはずです。
ようやく機体とプロポだけでのお出かけが可能になりました。
スポンサーサイト

コメント

今晩は

あらら~
パイロットは、ハッチを空けたままどちらへ!?

鞄の中です。

ハッチのフックが壊れて鞄の中でお休みでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/97-e0d320c9

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。