夢の模型飛行機

こんな模型飛行機があったらいいな。そう思ったたくさんの人たちがこんなに素敵なもの作りました。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型飛行機をつくろう!

僕の大好きな、三好さんのこと。

みなが敬意と親しみを込めて気軽に話しかける三好さんは80歳になられました。
けど、模型飛行機で一緒に遊んでいる時の三好さんは、60歳と言っても充分に通用する快活さで、時として河原の砂地を駆けまわったりします。

20050901144337.jpg

それだけでも充分、驚嘆に値する元気な80歳なのですが、モデラーが驚愕するのはその凄まじいばかりの製作意欲です。

年令を重ねられた方の意欲的な様を言う時によく「若者にも負けない」とか言いますが、そうした表現は三好さんには当てはまりません。

現在、三好さんが自作される機体の数は年間10~20機。そのすべての機体について詳細な図面を作成し、部品を切り出し、組み立てて、フイルムで仕上げるのは半数だけ。水上機やスケール機などの残りの機体は、紙張りラッカー仕上げにウレタンコートという、私など尻込みしてしまうような手間ひまのかかったものです。
若者に負けないどころか、そんな事のできる若者が果たしてこの世にいるのかしらと考えてしまいます。

三好さんの機体に書かれた通しナンバーは自作された機体の数です。
この機体は本年4月頃に製作されたもので330番め。
ですがこれ以降既に4~5機の新作機が完成しています。

20050901142848.jpg

しかも通し番号を付け始める前に自作した機体がさらに200機くらいはあると仰る。

500機を遥かに超える自作機!!

三好さんには模型の神様がついているのだろうか、などと呆然としながらも、ふと欲どおしい想いを抱いてしまう事があります。

「自分も運さえよければ三好さんの80歳まで、あと35年間、模型飛行機を作って飛ばし続ける事ができるのかも知れないな」

けどそれは並み大抵の事ではないと解ります。

「自分は模型飛行機が好きだな」と思う時、どんな模型を作ってきたのか、どんな模型を持っているのか、次にはどんな飛行機が作りたいのかといった、至極簡単な事を考えるだけでした。でも5年前に三好さんに会ってからは、模型好きの自分の未来というものについても考えるようになってしまいました。

「10年後の自分が、模型をどんな風に愛しているのか、そして模型からどんな風に愛されているのだろうか、20年後は、30年後は‥‥」

とてもじゃないけど、三好さんのようになれる気はしません。

数ヵ月間、僕の模型の製作は止まったままです。
これじゃ模型の神様に嫌われてしまいます。

模型飛行機をつくろう。

口先はいいから、もっと模型飛行機をつくろうと思います。

20050901150209.jpg

三好さんの400モーターオリジナル無尾翼機。
数年前に作られたものですが、無尾翼機の話題が出ると翌週必ず持って来てくれます。毎回「重心が合わんのじゃ」と言いながらも伸びやかな飛行ぶりです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kit01.blog15.fc2.com/tb.php/99-91df6b5a

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ページ管理人は「北尾」です。

ページ管理人は「北尾」です。

楽しい模型飛行機の世界をどうぞご一緒に。

このホームページの写真等の無断転載、無断使用は堅くお断りします。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。